花嫁衣装・ドレスの選び方
リンク・その他
TOP > 体型で選ぶウエディングドレス

体型で選ぶウエディングドレス

ウエディングドレスはどれもステキで選ぶのに迷ってしまいますが
ドレスによって花嫁の印象が変わってきます。
基本的な個人体型に合わせたドレスの選び方をご紹介します。

ウエディングドレス

背が低く痩せ型

背の低さはヒールでカバーできるので心配はいりません。
それでも気になるときは胸元にポイントがあるデザインの
ドレスを選ぶと背を高く見せる効果が抜群です。

ただし、シンプルすぎるデザインのものでは
ちょっと物足りない感じがするので、レースやリボンなど
適度に華やかさのあるデザインを選ぶことも重要です。

キュートなドレスをチョイスする場合は、
上半身がシンプルなデザインを選びましょう。
スカート部分にボリューム感を持たせることで
背を高く見せる効果もあります。

背が低くポッチャリ型

基本は「上半身はすっきり、下半身はふんわり」です。
背が高い、低いにかかわらず気をつけたいポイントです。

ですから、体型を隠そうと首や腕を覆ったものにするよりも
思い切ってノースリーブや首周りが大きく開いたオフショルダーの
ドレスを選んだほうが良いのです。

ウエストをV字切り替えにしたものは、
ウエストを細くすっきり見せる効果があるのでおすすめです。

また、スカートははりのある素材よりも
柔らかな素材のものを選んで、重厚感を出さないようにしましょう。

肩幅が広い、バストが大きいなどの悩みをお持ちの方は、
ビスチェタイプなどの露出度が高いものはさけたほうが無難です。

もし、着用するならストールなどでラインをぼかしましょう。
スカートのギャザーは控えめにしたほうが良いです。

背が高く痩せ型

シンプルなデザインのドレスや、どんなデザインも着こなせる
恵まれた体型をお持ちのあなたにはスリムな体型をいかして
女性らしいシルエットのドレスをオススメします。

ドレスのボディにモチーフをあしらったものや
肩に飾りのあるものを選び、バストラインに立体感を持たせると
首から肩、胸にかけてのラインをソフトに見せます。

また、ハリのある素材やフリル、レースを
ふんだんに使ったデザインでやさしい雰囲気にしましょう。
細すぎる腕が気になるときは、ロング手袋でかくす方法もあります。
足に自信があるならミニドレスもオススメです。

背が高くポッチャリ型

背の高さをいかすならAラインのドレスが
華やかでオススメです。

今人気の総シルクのAラインドレスなら
スッキリとしたラインでスラリと見えます。

また、ヨコ幅を感じさせないよう、上半身は
すっきりとしたデザインのものがオススメです。

装飾の多いものや総レースなどは身体が膨らんで
見えることが多いので気をつけましょう。

肩を出すオフショルダータイプやビスチェタイプで
すっきりと見せることができます。
二の腕が気になる場合はショールでカバーすると良いです。

胸が大きい

大きい方は最初からボリュームがありますので、
ドレスを着たときにスッキリと見せるVネックや
シンプルなデザインを選びましょう。

ピスチェやホルターネック等のデコルテが大きい物もオススメです。

胸が小さい

コサージュやフリル、重厚感のある素材を選んで
胸元に立体感を出すようにボリュームのあるものを持ってきましょう。
デコルテの少ないものを選びましょう。

二の腕が太い

袖が付いたドレスを選ぶことをお勧めします。
ゆとりのある長袖、オフショルダーも良いです。
ショールやストールを羽織ることで見えなくする工夫も効果大。

なで肩

肩にモチーフや立体感のあるドレスを選び
上半身にボリュームを持ってきましょう。
襟元や、肩にコサージュ等が付いたものを選ぶのも良いです。

いかり肩

隠すよりもオフショルダーで肩を見せると
スッキリした印象を与えられます。

Vネックやワンショルダーなど襟元に
斜めのラインを作ると効果的です。
また、ショールなどの柔らかい素材で包み込むと良いでしょう。

お尻が大きい

ボリュームのあるスカートを選ぶことでほとんどカバーできます。

お腹が出ている

ゆったりしたデザインや、スカート部分の切り替えが上部にあるデザインを選びましょう。

顔が大きい

肩が空いたデザイン、V字など上半身がスッキリしたデザインを選びましょう。