花嫁衣装・ドレスの選び方
リンク・その他
TOP > ウエディングドレスとは > ウエディングドレス種類

ウエディングドレス種類

結婚式で女性が一番気になるのがウエデイングドレスです。 ウエディングドレスは無垢な花嫁を象徴する純白のドレスが一般的ですが、 最近ではたまに黄色や薄いピンク、水色などのカラードレスを選ぶ方もいるようです。 ここではウエディングドレスの基本的な種類(スタイル)をご紹介します。

Aライン

体型、イメージなどはあまり気にせず着ることができるオールマイティなラインです。 アルファベットのAのようにバスト下やウエストから直線的に裾が広がる身体を自然に包むナチュラルな形です。 シルエット的に背が高く、細めに見せる効果があり動きやすいドレスですのでパーティー形式の結婚式では 歩き回ることが多いので向いていると思います。 ラインがシンプルな分、アクセサリーやベールなどの小物で全体の雰囲気が変化します。
ウエディングドレスAライン

マーメイドライン

体型的には背が高く、細身の方によく似合いますが、生地次第ではどなたにも。どちらかと言えばアダルトな感じです。 マーメイド(人魚)のイメージさせるこのドレスラインは大人気。 体にフィットしたスレンダーラインのドレスで、膝下辺りから裾に向けてマーメイドの尾ひれのように 広がるシルエットです。華やかさを演出でき、存在感のあるドレスなので広い会場でも華やかに見せることができます。 その為、レストランウエディングや小規模のウエディングでは逆にゴージャスすぎて浮いてしまうかも。
ウエディングドレスマーメイドライン

プリンセスライン

童話やディズニーのお姫様が着ているようなドレスで、ドレスと言うばこのタイプを思い浮かべると思います。 上半身は小さく体にフィットしてウエストから、ふんわりと裾にまで広がっているスタイルが特徴です。 歩くたびに揺れるスカートがキュートなこのドレスはボリュームが大切です。 ふくらみのパニエのボリューム次第でどのような会場にでも似合うでしょう。 お姫様の可愛らしい感じから少し大人っぽい感じまでこのラインは幅広く活用できます。
ウエディングドレスプリンセスライン

スレンダーライン・ストレートライン

身体のラインに沿った細身のシルエットのため、スラッした背の高い方やボディーラインが すっきりした方に良く似合うドレスです。とても、大人っぽく見えるラインです。 ふくよかな体型の方は、小さくてかわいいレースの柄を使ったものであれば、ボディーラインがカバーできます。 アクセサリーなどもよく考えないと全体のバランスがくずれやすいので注意が必要です。
ウエディングドレススレンダーライン

ミニ・ミディ

ミディはふくらはぎの中ほどぐらいの長さのドレスで、見た目がとても可愛らしく軽快さがあるタイプです。 他のドレスと違い歩く時に裾を気にする必要がありませんから、結婚式の二次会やガーデンウエディングにも良いと思います。

ベルライン・ドームライン

「鐘」という名称通り、ウエストを絞って腰回りを膨らませたラインです。

エンパイアライン

バスト下から直線的に、しかしAラインのように裾があまり広がらない形です。

2WAY・3WAY

ドレス一つでイメージ、形をいくつにも変化させる事が可能なドレスです。 オーバースカート、リボンの取り外しや、ブーケチェンジ等により別な一着としての役目も可能です。