花嫁衣装・ドレスの選び方
リンク・その他
TOP > 結婚話のひとりごと > 白無垢と花嫁衣裳のドレスが白い理由

白無垢と花嫁衣裳のドレスが白い理由

ウエディングドレスは西洋の結婚式で花嫁が着るものです。今では日本の結婚式ではウエディングドレスが定番となっていますが、お色直しで色内掛けなど着物を着る花嫁も多いと思います。

でも、もともと日本の結婚式といえば着物の白無垢が定番でした。日本の白無垢とウエディングドレスを比べるとわかりますが、どちらも色が白いです。花嫁衣裳が白いのは何にでも染まる色ということで、結婚する旦那さまの色に染まるという意味があると聞いたことがあります。結婚をして夫婦の生活の中でお互いの色に染まっていくってことですね。

西洋と日本で花嫁衣裳のデザインや素材が違っても結婚に対する夫婦の新しい門出を迎えるという意味では考え方は近いのかもしれませんね。