花嫁衣装・ドレスの選び方
リンク・その他
TOP > ネックライン

ビスチェ

ビスチェ
ビスチェはストラップのないトップスで、デコルテや肩のラインが大きく露出します。肩紐がないぶん胸がないと、トップスが筒状になってしまい、女性ラインの美しさがキレイに生かせません。バストラインがふくよかな人が着ることでキレイなラインがつくりだされ、それによりウエストのくびれが強調されます。

ボートネック

ボートネックライン
ボートネックラインは、緩やかな曲線で両肩に向けて横に広く開いて、鎖骨に沿ってカーブを描く襟の形が、船底の形のように見えることからボートネックと呼ばれます。上品な印象をもつデコルテの露出が比較的少ないボートネックをスッキリと綺麗に着こなせるのは、胸のボリュームが少ない人にもキレイに着こなせます。 バストラインではなくネックラインで女性らしいラインを演出するには、ボートネックが最適です。

ハートシェイプライン

ハートシェイプライン
ハートシェイプラインとは、胸元が広く開いていて前中央がハート型に開いたネックラインをハートシェイプラインと呼びます。胸の中央がV字に切り込まれ、ゆるやかなカーブを描くラインの形がハートに見えるため、胸元のラインが胸のボリュームを強調し、首を長く見せる効果があります。ハート形の胸元が可愛らしさと、女性らしさを表現できるため、ウエディングドレスで人気のネックラインです。

ラウンドネック

ラウンドネック
ラウンドネックとは、丸く開いた襟元のことです。ラウンドネックはベーシックなネックラインの形で、最も基本的なものは首の付け根の線に沿ってカットされたものですが、浅いくくりのものから深いくくりのものまで幅広く含まれます。優しい印象を与え、襟元の開きを深くすると首を長く見せ、開きを広くすると小顔に見せる効果があります。

ハイネック

ハイネック
ニットでも定番の襟が立ち上がったネックラインが「ハイネック」です。デコルテが平面的に覆われるので、そのぶん胸のふくらみが強調されます。ハイネックラインとバストラインを異なる素材のもの、レースやオーガンジーなど、少し透けるものをセレクトすると胸元で雰囲気が切り替わることで視線が分散され、つまった印象が和らぎます。

スクエアネック

スクエアネック
スクエアネックとは「四角の」という意味になります。ウエディングドレスのスクエアネックとは、首の回りを四角形に切り取ったような形をしてるネックラインのことです。一般的に前の四角形が広く、後ろはそれよりも浅い四角形であることが多いです。首回りがすっきりするので、デコルテ(首から胸元にかけてを指す)が美しく、顔もシャープな印象になり、首を長く見せる効果もあります。

オフショルダー

オフショルダー
オフショルダーのウエディングドレスとは、肩を出したデザインのウエディングドレスのこと。オフショルダーとは「肩から遠い」「肩から離れた」という意味です。袖があり、首まわりが大きく開いて両肩を露出するデザインが特徴です。デコルテをきれいに見せ、しかも華奢に見せてくれるのでスタイルがよく見える効果があります。肩幅の広い人や面長の人におすすめ。