花嫁衣装・ドレスの選び方
リンク・その他
TOP > 式場で選ぶウエディングドレス

式場から選ぶウエディングドレス

結婚式でどんなウェディングドレスにするかで悩むと思いますが
結婚式をどこで挙げるのかも重要になってきます。

結婚式を教会ウエディングにするか、ホテルの式場にするかでは
演出はもちろん、式場や教会にあったウエディングドレスの選び方も
変わってきます。

ドレス衣装の試着でとても気に入ったドレスが見つかっても
そのドレスが式場との雰囲気に合わなかったりすると
せっかくの結婚式が不自然になってしまいます。

ドレスに合わせて式場を選ぶのか、式場に合わせて衣装を選ぶのか
TPOに合わせた、ベストな花嫁衣装を選びましょう。

結婚式場

ホテル・結婚式場などのウエディング

ホテルや専門の披露宴会場は、天井も高く、広い会場です。
豪華な装飾や演出効果がとても華やかです。

ウエディング専用の会場ですから基本的には
どんなものでも合いますが、会場の華やかな雰囲気に
負けないボリューム感のあるドレスを選びましょう。

特に100人くらいのゲストが入る大きな会場では
遠くからでも花嫁の美しいデコルテがよく見えるように
プリンセスラインやベルラインなど上半身に
インパクトがあるドレスがオススメです。

教会・チャペルウエディング

教会は結婚式だけでなく宗教の儀式や行事を行う場所なので
多くの人が神聖なイメージを持っていると思います。

多くの人が教会に持っているイメージを考えると
教会でのドレスはシンプルで清楚な感じのする露出が
少ないドレスがオススメです。

特に由緒ある教会などでは肌の露出度が
高いドレスは避けた方が良いでしょう。

ドレスのネックスタイルは肌の露出の少ない
ロングスリーブやハイネックにしてスカートは足が見えない
ロング丈のフルレングスにすると清楚にまとまります。

ベールやグローブを着用するとより神聖な印象になるので
教会の雰囲気に合わせると良いでしょう。

教会では長めのバージンロードを歩くことが多いので
後ろ姿にもこだわって長いトレーンやベールにすると
美しいドレス姿が思い出に残ります。

レストラン・ハウスウエディング

レストランやハウスウエディングでは
スペースにあまりゆとりがないことが多いです。

カジュアルなスタイルで行われるため
新婦がドレス姿で動き回ることも多いでしょうから
動きやすいドレスにするのでベストです。

トレーンの長いもの、スカートにボリュームのあるものは
避けたほうがいいでしょう。

それを考慮に入れて軽い素材のAラインやスレンダーライン
ミディ丈のドレスが最適です。

また、ゲストとの距離感も考慮しディテールや
デザインにはこだわりたいところ。
ブーケは腕につける愛らしいタイプのリストブーケがオススメです。

ガーデンウエディング

ガーデンウエディングでは、緑や風を受けて
軽快にみえるスタイルのドレスがオススメです。

緑の中で花嫁の存在感をもっとも出せるのは
やっぱり白のドレスです。
お色直しのドレスも緑に埋もれないような
色合いのものを選びましょう。

また、太陽の光を浴びるので光沢のあるビーズや
レース素材でドレスをキラキラと輝かせるのも
オススメです。

ガーデンウエディングも歩き回ることが多いので
オーガンジーやチュ―ルなどの軽い素材をベースに
スカートはミディ丈にして爽やかな雰囲気にしましょう。
ブーケも小さなものがオススメです。

海外ウエディング

海外での挙式の場合は日本からドレスを発送したり
現地でドレスをレンタルするなら式場に合わせたものを
いろいろと選べます。

もし、自分で用意する場合は持ち運びやすい
パニエなしのスレンダースタイルのドレスがオススメです。

海外では日本とは違った宗教的な決まり事がありますので
ウエディングプランナーや現地の会場スタッフと
よく相談しておきましょう。