花嫁衣装・ドレスの選び方
リンク・その他
TOP > レンタルと販売の違い・比較

ウエディングドレス選び(レンタル・販売)

女性にとって結婚式で一番気になるのがウエディングドレス。 花嫁を輝かせるウエディングドレス選びは誰もが悩むもの。 ドレスの入手方法は大きく分けてレンタルと販売(セルドレス)があります。 レンタルと販売、どちらの方がいいのでしょうか? レンタルですと借り物ですから、当然ながら着用したあとはお店に返すことになります。 一方、販売ではドレスは自分のモノになりますので、結婚式が終わってもずっと自分で持っていることができます。

ウエディングドレスの選び方は人それぞれですが、レンタルでもいいからドレスを豪華にして思い出を残したいという人、 結婚式が終わった後も大切な思い出として手元に残したいのでドレスを購入したいという人もいます。 レンタルと販売のメリット・デメリットをよく比較して貴女を一番輝かせるウエディングドレスを選びましょう。

ウェディングドレスレンタルの特徴

ウエディングドレス選びではレンタルドレスが一番人気があります。 レンタルドレスの人気が高い理由は結婚式の予算に合わせて、サイズや種類、デザインが豊富で選びやすいことです。 レンタルドレスの場合、何度も着回せるように高級な素材でしっかりと縫製されている点も人気の理由の一つです。

ウエディングドレスをレンタルする場合、一般的には結婚式場やホテルでレンタルすることが多いです。 他のレンタルショップで衣装を借りて結婚式場に持ち込む場合、ドレスの持込料や当日までの保管場所、結婚式終了後の返却など 様々な負担がかかってしまいます。ほとんどのドレスショップでは「一時保管料」として1着あたり2〜3万円程度の持込料がかかります。 しかし結婚式場でドレスのレンタル手配をすればそれらの負担が一切なくなりますので余計な心配を減らせます。 ウエディングドレスの種類はレンタルショップで借りるよりは限られますが、レンタル料は結婚式プランの料金に含まれているので、 低価格でのレンタルができます。

以前はレンタルですとサイズ直しがきかないということがありましたが、いまはレンタルでもサイズ直しが可能になっています。 ウエディングドレスのサイズだけを直せるタイプのレンタル方式があり、サイズオーダーレンタルと呼ばれます。 レンタルですとどうしても身体にピッタリとしたデザインにも納得のいくようなウエディングドレスは見つけにくいですが このサイズオーダーレンタルならお気に入りのドレスをあなたにピッタリのサイズに直すことができるのです。 これなら借り物という印象はなくなりますが、基本的には微調整ということになります。

自分の体にぴったりとあったものが欲しい!ということになると、セミオーダーやフルオーダーがおすすめです。 セミオーダーというのは、基本のドレスに合わせて、襟や袖などディテールを自分の好みで組み合わせて行くものです。 ディテールもいくつかのパターンが用意されています。 フルオーダーは好みのデザインでまったく一から作り上げていくものです。 セミオーダー、フルオーダーともレンタルでも可能になってきました。 ただし、どのドレスショップでも扱っているわけではないので注意してください。

ウエディングドレスレンタルの注意点

また、ウエディングドレスのシルエットにはプリンセスライン、Aライン、スレンダーライン、マーメイドラインなど 様々な種類があります。その中でも人気のドレスには予約が集中するので早めに確保しておくようにしましょう。 また気に入ったデザインのウエディングドレスが見つかってもすぐに予約をせず レンタルから返却までの規約をしっかり読んでから予約しましょう。 ウエディングドレスは次々と新作が出ますので急にドレスを変えたくなった場合、 そのキャンセル料がどうなっているかなどよく知っておくことが必要です。

ウエディングドレス販売

ウエディングドレス販売の一番のメリットは世界で一枚のウエディングドレスが作れるということでしょう。 ただ、販売といってもたくさんあり、オーダーメイド、セミオーダーメイド、販売、海外輸入ドレス、ユーズドドレスがあります。 素材、デザイン、ブランドにより、かなりの価格差があります。 ウエディングドレスを購入する場合は、レンタルのように着回すことがないので、それほど丈夫に作る必要がないため意外と低価格で購入することができます。 一般的には販売の方がレンタルよりも5万円ほど高くなることが多いのですが最近ではレンタルと販売の価格の差が縮まってきましたので、 結婚式予算を考慮しながら購入も考えてみてはいかがでしょう?それぞれの販売方法をみてみましょう。

オーダーメイド
オーダーメイドは貴女のために世界に一つのウエディングドレスを時間と手間をかけて一から作っていきます。ドレス製作のプロセスがもっとも楽しめる方法です。 しかし、デザイナーや素材にこだわると天井知らずなお値段になりますのでご注意を。

セミオーダーメイド
セミオーダーメイドはサンプルの中から希望のものを選び、それに細かい装飾やプラスαのアイディアを追加して、身体へのフィッティング作業を加える方法です。 体型に合わせたサイズで製作できるので、既製品やレンタルでは実現できないフィット感のあるドレスができます。20万円〜50万円が平均的な価格です。

販売(セル)
既成のウエディングドレスの細かい部分を自分の体型に合うように手直しする方法です。時間をかけずにお気に入りのドレスを購入したい人にオススメです。 10万円を切る低価格のドレスもあるので予算や希望に合わせて選ぶことができます。

海外輸入ドレス
各国ごとにドレスの雰囲気もさまざま。日本人向けのサイズがないものもあるので、サイズ直しを考慮した上で余裕をもって購入を。 デザイン・素材により10万円台から購入できます。

ユーズドドレス
一度着ただけのドレスをリーズナブルな価格で購入できるのがサイズがあればとても魅力的な購入方法です。 人気のあるドレスはすぐになくなってしまうのでショップの情報収集が大切です。全体的に10万円以下のドレスが多く、1〜2万円の掘り出し物が出ることも。

ウエディングドレス販売の注意点

ウエディングドレスショップでの購入方法は様々なので、ウエディングドレスのほかに、ベール、手袋、アクセサリー、下着など細かな小物が予算に含まれるのかは ショップによって異なるので事前確認が必要です。