花嫁衣装・ドレスの選び方
リンク・その他
TOP > 婚約指輪・結婚指輪 > 婚約指輪(エンゲージリング)の歴史

婚約指輪(エンゲージリング)の歴史

指輪の写真

結婚指輪(マリッジリング)を贈る前に、エンゲージリング(婚約指輪)を
贈るような形式になったのは、いつからなのでしょうか?

現在では当たり前のように婚約時に渡されるエンゲージリングですが
歴史はマリッジリングよりも古く、婚約の証としてエンゲージリングが
贈られる風習は、古代ローマ時代にまでさかのぼります。

当時ローマでは、「輪廻転生」「永遠」の象徴として指輪を
贈ることが結婚の証となっていました。

このときの指輪は現在のようにダイヤモンドではなく
花嫁に鉄の指輪が渡されており、鉄は愛の強さ、リングは輪を意味し
永遠が表現されていたのです。

恋人同士の愛の証として鉄のリングをはめたのです。
この時代にはまだダイヤモンドが発見されていませんでした。

古代ロ一マ時代からしばらくの間は、結婚そのものよりも
さまざまな約束事を含んだ婚約の儀式の方が重要視されていました。

婚約指輪はひとりの女性が特定の男性の所有物になったことの証だったのです。
いわゆる、貞節の証でもありました。

2世紀になるとゴールド(金)の婚約指輪が普及していきますが
外に出かけるときに着用するだけで、家に帰るとすぐに鉄の指輪に着け替えていました。
今の婚約指輪と結婚指輪(マリッジリング)の関係に少し似ているかもしれません。

その後、宝石が付けられたリングへと変化していきます。
宝石も当初はルビー等が中心でした。

そして1456年、 オランダ人のベルケムがダイヤモンドの研磨に成功してからは
ダイヤモンドつきの婚約指輪(エンゲージリング)が王家の習慣となりました。

ダイヤモンドのエンゲージリングを最初に贈った人は
オーストリアのマキシミリアン大公と言われています。

今から約500年前の1477年に、最愛のフィアンセである
マリー姫に贈ったとされています。

Mの文字をかたどった指輪で、 聖母マリアと、マリー、マクシミリアンの
二人の結びつきを表していると言われています。

彼はその後、 ローマ王に選ばれマクシミリアン一世となり
「近世のヨーロッパ王政史はハプスブルグの歴史だ」と言われた大帝国を
欧州に築いたハプスブルグ家の土台を築いていったのです。

その後、ダイヤモンドの婚約指輪(エンゲージリング)は
時代とともにデザインを変えてゆきますが、一般人の手の届くものではありませんでした。

一般家庭に普及したのは19世紀で、マリッジリングもエンゲージリングも
ゴールドからシルバーが中心となっていきます。

結婚の神聖さが教会で重要視された為で、ドレスの色も白が中心となりました。
プラチナのリングにブリリアントカットのダイヤモンドを支えた
ティファニー・セッティングが登場したのもこの時代です。

20世紀になるとヨーロッパやアメリカで、プラチナがジュエリーに
使われるようになると変色するシルバーから、永遠に純白が保てるプラチナが
ブライダルリングの最高の素材として選ばれるようになります。

ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出し、硬質で耐久性のあるプラチナは
永遠の純潔の象徴として「The heavenly precious metals」と呼ばれ
メモリアルなジュエリーにぴったりの素材だったのです。

日本で婚約指輪(エンゲージリング)においてダイヤモンドが
飛躍的に伸びたのはイギリスのデビアス社の世界的な販売キャンペーン
「ダイヤモンドは永遠に」のテレビCMの効果でした。

CMは70年代からはじまり「お給料の3か月分」という
キャッチコピーの美しいダイヤモンドの指輪に日本中の男女が目を見張りました。

こうして、日本におけるダイヤモンドの婚約指輪(エンゲージリング)は
不動の地位を築いていったのです。

エンゲージリングはプロポーズや結納の際に女性に送られ
ダイヤモンドが定番といわれていますが、近年では定番がなくなりつつあります。

昔は誕生石や星座石、好きな宝石を選んだりもされていましたが
最近はライフスタイルに合わせた選び方がされており、真珠も人気です。

誕生石とダイヤモンドの組み合わせたり
自分の好みにあった指輪を選ぶカップルもいます。